オメガ3を日常に摂り入れる


私たちの身体には必要不可欠な脂があります。それを必須脂肪酸と言い、「オメガ3」と「オメガ6」の2種類のことを言います。

現代では圧倒的にオメガ6脂肪酸が過剰に摂取されていると言われています。それは動物性タンパク質の摂取過多でもあり、また食用油の大半が「オメガ6」オイルであるからです。

オメガ6も必須脂肪酸ですが、大切なのはオメガ3とのバランスです。


日本脂質栄養学会が推奨している、オメガ6とオメガ3の比率は2:1です。

しかし日本人の現状はおよそ5:1という比率で、オメガ6がだいぶ多くなっているのです。


昔の日本食では理想的な比率を維持できていた民族だったそうです。油の総量が少なくともこの比率が守れていた食事内容でした。近海の小魚を中心にオメガ3脂肪酸の系列であるEPAやDHAを充分にとり、木の実や種子を食べてオメガ3脂肪酸を補充し新鮮な野菜からもオメガ3脂肪酸を摂っていました。


現代では、出来る限り植物油を控えめにして、そして亜麻仁オイルやえごま油などを積極的に摂取しオメガ3脂肪酸の摂取比率を高めましょう。

同時に、伝統的な日本食を改めて踏襲したいところです。


オメガ3の摂取としてはサラダのドレッシングが最適です。

加熱には不向きの油なので、サラダに和えて食べるのをお勧めします。


我が家ではサラダにまずえごま油をかけてオイルコーティングをし

そこに塩胡椒、お酢またはバルサミコなどを加えて頂きます。

これだけでシンプルに美味しいです^^

さらに粉チーズなどを加えていけばバリエーションが広がります♩


亜麻仁オイルは脳にも大事な栄養となりますので是非活用してみてください^^


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

Every

day

sweets