​アトピーの食養生ノート




今の時期、春の旬野菜の一つに新玉ねぎがあります。


玉ねぎの栄養成分にはビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などが含まれています。

そして玉ねぎの代表的成分に硫化アリルが含まれています。


この成分には免疫力アップや疲労回復、消化液の分泌を促進したり、

ビタミンB1の吸収や新陳代謝を施す作用もあります。

また血液をサラサラにする働きがあるので高血圧や糖尿病など様々な

生活習慣病にも有効な栄養素と言われています。


この硫化アリル、熱に弱いという弱点があるので

生食としてサラダにも摂り入れましょう。

水晒しをすると辛味は抜けて良いのですが

硫化アリルも水に流れるので

スライスした後には水にさらさず

少し空気にさらしてくと辛味が抜けます。

水にさらしたものに比べ味も濃いという利点もあります。


玉ねぎは寒い時期にはスープやお鍋や炒め物にも嬉しい一品、

加熱して甘みも増して美味しいので日常に欠かせない野菜ですが

新玉ねぎの出回る春と秋には

玉ねぎサラダで免疫力アップ効果を頂きましょう。

4回の閲覧0件のコメント

私たちの身体には必要不可欠な脂があります。それを必須脂肪酸と言い、「オメガ3」と「オメガ6」の2種類のことを言います。

現代では圧倒的にオメガ6脂肪酸が過剰に摂取されていると言われています。それは動物性タンパク質の摂取過多でもあり、また食用油の大半が「オメガ6」オイルであるからです。

オメガ6も必須脂肪酸ですが、大切なのはオメガ3とのバランスです。


日本脂質栄養学会が推奨している、オメガ6とオメガ3の比率は2:1です。

しかし日本人の現状はおよそ5:1という比率で、オメガ6がだいぶ多くなっているのです。


昔の日本食では理想的な比率を維持できていた民族だったそうです。油の総量が少なくともこの比率が守れていた食事内容でした。近海の小魚を中心にオメガ3脂肪酸の系列であるEPAやDHAを充分にとり、木の実や種子を食べてオメガ3脂肪酸を補充し新鮮な野菜からもオメガ3脂肪酸を摂っていました。


現代では、出来る限り植物油を控えめにして、そして亜麻仁オイルやえごま油などを積極的に摂取しオメガ3脂肪酸の摂取比率を高めましょう。

同時に、伝統的な日本食を改めて踏襲したいところです。


オメガ3の摂取としてはサラダのドレッシングが最適です。

加熱には不向きの油なので、サラダに和えて食べるのをお勧めします。


我が家ではサラダにまずえごま油をかけてオイルコーティングをし

そこに塩胡椒、お酢またはバルサミコなどを加えて頂きます。

これだけでシンプルに美味しいです^^

さらに粉チーズなどを加えていけばバリエーションが広がります♩


亜麻仁オイルは脳にも大事な栄養となりますので是非活用してみてください^^


4回の閲覧0件のコメント

ショートニング、マーガリンなどにはトランス脂肪酸が大量に含まれています。

身体に良くない、と言われて久しいのですが、

残念ながら日本の食品には多々含まれています。

だから、少々は食べても仕方がない、、、

スナック菓子、菓子パン、ファーストフードには必ず入っているから

仕方がない、、、と思われる方もいらっしゃると思います。


わかります、私もこれじゃ避けられないのでは、、と思いました。

なぜなら、スーパーで売られている洋菓子には

ほとんどと言っていいほど入っていますから。


でも、勇気を持って言わせて頂くと、やはり食べてはいけません。

トランス脂肪酸の摂取が数多くの生活習慣病に深く関連しているのは

周知の事実です。


ヨーロッパ諸国やアメリカなどでは

トランス脂肪酸に対する規制が厳しくなされていますが

日本では規制がありません。


世界保健機構(WHO)が推奨するトランス脂肪酸の1日あたりの

摂取上限値は2gとされていますが、

現在の日本の食材を使用している限り、この数値を超えていることは

あまり珍しいことではないように思われます。


ちなみに、コアラのマーチ1箱(41g)には約2gのトランス脂肪酸が

含まれているそうです。

日本ではトランス脂肪酸の表示義務もないので、

私たち消費者はこの実態を知らずに生活しているのですが

全く同じ商品を香港でも販売しており、そこにはこの数値が明記されています。


「では、スーパーの洋菓子は買えないじゃない、、」

と思いますよね。

子供たちが大好きなおやつ、スーパーで裏の食品成分を一つ一つみますが

やはりクッキーなどは大体入っていました。

(そんなことからも私は手作りお菓子を作り始めた訳ですが)

アレルギー体質の方は特に、食べない生活にすると

格段に変わってくると思います、ここは断言させて頂きます。


なぜダメなのか、そしてどうやって食べずに生活するか、

また投稿させて頂きます。


2回の閲覧0件のコメント
1
2

Every

day

sweets